リフレクソロジーと体の仕組み

リフレクソロジーと体の仕組み

リフレクソロジーは、足の裏を中心に、身体にある「反射区」を刺激して不調を取り除く治療法です。「反射区」をツボと同じように考えている人も多いのですが、実は違います。

 

 

 

リフレクソロジーでは人の体もエネルギー体と考え、10本のエネルギーラインが体を垂直に流れていると考えています。そこで、反射区を刺激することで、臓器や器官にも刺激が与えられ、滞っていたエネルギーがスムーズに流れさせ、老廃物を排除して体調を整えるのです。

 

 

 

「反射区」は、エネルギーラインの始点なのです。そう考えると、体のメンテナンスを行っていると考えることができます。

 

 

 

リラックス効果が高く、自己免疫力や自然治癒力をアップさせる効果があるので、病気にかかりにくくなるのです。